株式会社樫野
商品案内
カシヌール
カシヌールパワー
カシヌールSOFT
カシヌールシーラー
ペットにもやさしいカシヌール
ここが違う!樫野石灰の「カシヌール」
「カシヌール」材料設計価格表
各種施工要領書 F☆☆☆☆登録書
お手入れ方法
施行事例
漆喰一口メモ
クロスをはがさずにリフォーム レッツ!カシヌール“DIY編”
カシヌールに関するお問い合わせはこちらへ:電話番号 078-262-8072:受付時間/9:00〜17:00
HOME > 商品案内:漆喰一口メモ

漆喰一口メモ 石灰を主成分とする日本古来の天然壁材

漆喰とは
イメージ
漆喰は1300年前から使われてきた
漆喰は、消石灰(石灰石を焼成してできた生石灰を消化したもの)を結合剤とする塗り壁材のことです。これにワラなどのスサ、海藻などの糊料などをくわえてモルタル状に練り、壁面に塗りつけていきます。ちなみに、「しっくい」という語源は、石灰(せっかい)がなまったものといわれています。 漆喰の歴史は古く、その利用は古代エジプト文明にまでさかのぼり、ローマ時代の建物やヨーロッパ各地に残るフレスコ画なども漆喰と同質の石灰でつくられています。日本では、1300年前の法隆寺や高松塚古墳に始まり、近世以降は城郭や町屋の白壁として多用されてきました。
イメージ
漆喰は人にも環境にもやさしい優れた天然素材
漆喰の主成分である消石灰(水酸化カルシウム)は、空気中の二酸化炭素を吸収しながら、ゆっくりと100年ほどかけて徐々に炭酸化し、石灰石に戻っていきます。呼吸をするように生きている白壁である漆喰には、湿気を防ぐ吸湿・調湿機能、天然防カビ・抗菌性、ホルムアルデヒド吸着性、不燃性、二酸化炭素吸収性などの優れた機能が備わっています。しかもこれらすべての機能は天然のものであり、人体にも環境にもまったく負荷をかけません。こうした優れた機能性から漆喰は、城郭や土蔵、家屋の内壁、押し入れ壁など、多用途に利用されてきました。
イメージ
漆喰の原料には塩焼石灰が最も適しています
漆喰の原料となる消石灰は、昔ながらの製造法でつくられる塩焼石灰が最も適しています。職人による手づくり製造法に近く、製造効率はよくありませんが、原塩を加えながら焼成することで、調湿性・保水性・美白性などに優れた漆喰原料となります。 カシヌールに使用されている消石灰は、明治維新の神戸で初めて石灰製造を行った株式会社樫野の伝統的な塩焼石灰が使用されています。ですから、吸湿・調湿機能、天然防カビ・抗菌性、ホルムアルデヒド吸着性、二酸化炭素吸収性など、石灰特有の優れた機能性が、よりパワフルに働くのです。
top
石灰ってなあに?
イメージ
石灰石はもともと海のサンゴだった
石灰石は、もともと数億年前に海に棲息していたサンゴ礁でした。サンゴは海中で二酸化炭素を吸収して石灰質の殻をつくりますが、これが積もって巨大になったものがサンゴ礁です。このサンゴ礁が、数億年かけて地殻変動で隆起してできたものが石灰石の鉱山であり、日本各地にいまある石灰鉱床は、南洋のサンゴ礁が太平洋プレートとともに移動し、日本海溝に押し上げられてできたものだといわれています。
イメージ
石灰は石灰石を高温で焼成してつくる
石灰は石灰石を高温で焼成してつくられますが、焼成方法には、塩焼と素焼の2種類があります。塩焼石灰は、昔ながらの小規模な土中炉などの立窯で、石灰原石と燃料のコークスを交互に投入しながら、職人の技とカンで、ゆっくり低温(900〜1,100℃)で焼き上げていく技法で、原塩をくべながら焼くので塩焼石灰と呼ばれています。一方の素焼石灰は現在の主流製造法で、金属炉で重油を燃料に高温(1,200〜1,300℃)で一気に効率的に焼き上げる方法です。
イメージ
生石灰に水を加えて消化したものが消石灰
石灰石を焼成してできあがったものが生石灰です。これに水を加えて発熱・消化させたものが消石灰で、工業・農業・土木・建築など多用途に使われています。現在、国内の石灰のほとんどは、焼成効率の高い素焼石灰ですが、漆喰など左官用の壁材として使われる消石灰には、昔ながらの塩焼石灰が最も適しています。
Page Top